artsbana130711.pngのサムネール画像

 

離婚に対する思い

最近では離婚は当たり前の出来事となっており、結婚と離婚を繰り返す人も多く見受けられます

ただ、離婚を経験した依頼者は皆様、結婚する時以上の労力がかかり精神的にきつかったとおっしゃられます。特に、離婚の場合、相手との感情的な決裂が大きいため、相手と話し合いをすること自体大きなストレスになります。

 

依頼者にとって弁護士を探す場合、弁護士との相性はもちろんのこと、依頼者の気持ちを丁寧にくみ取り、最大限それにそった解決ができるかどうかが大切となってきます。

 

当事務所はこれまで様々な離婚事案を扱ってきておりますが、常に心がけていることは依頼者の話をじっくり聞き取り、それに基づき最適かつ最善の解決策を探し出すことです。

 

もっとも、離婚を考えた場合、押さえるべきポイントは8つしかなく、これらのポイントを踏まえて解決策を見出すことになります。

 

多くの方はいろいろな思いを持って当事務所にご相談へ来られます。その思いに答えるのが弁護士の仕事であると考えておりますので、当事務所は法律を武器に、達し得る最大限の解決へと依頼者を導きます。

 

離婚を考えているが、どうしたらいいのかわからない場合、お気軽に当事務所までご相談ください。

 

離婚

離婚とは、本来であれば当事者の合意と役所への離婚届の提出だけで成立するものなのですが(協議離婚といいます)、当事者同士で話し合いができない場合や、離婚には合意しているものの親権や慰謝料などで合意できない場合に家庭裁判所に申し立てることになります。

一般的な流れは次のとおりです。

離婚を望む当事者の一方が家庭裁判所に調停を申し立てることから始まります。
調停前置主義と言います

 
調停で当事者が離婚することに話し合いがまとまれば、調停が成立します。
調停離婚と言います)

調停は、家事調停委員を交えての話し合いの場ですので、調停案に当事者の一方が納得しなければ、不成立となります。そうすると、離婚したい当事者は離婚訴訟を提起することになります。

裁判所は、離婚事由があるかどうかを基準として、離婚を認めるか否かを判断することになります。
ただ、離婚調停や離婚訴訟においては離婚問題だけが争われるということはそれほど多くはなく、以下に示す問題がからみ合っていることが通常です。
 
■慰謝料
■財産分与
■養育費
■親権・監護権
■面接交渉権
■年金分割

このように離婚にあたっては様々な問題が生じてくるので、話し合いがこじれた場合はおひとりでは精神的に疲弊してしまい解決の糸口を見つけ出すことが困難になってしまいます。 当事務所では個別事情に応じて解決法を考えていきますので、一度ご相談下さい。

離婚コンテンツ 一覧

離婚問題に関するコンテンツです。

 

「離婚」を考えたとき、押さえるべき8つのポイント

慰謝料について

婚姻費用について

財産分与について

養育費について

離婚と年金の問題

親権者を誰にするのか(親権者の決定・指定)

面接交渉について

離婚に必要な事由


 

アーツ綜合法律事務所についてはこちら

ImgTop80001.png

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介   ■アクセス

Copyright (C) 2012 アーツ綜合法律事務所 All Rights Reserved.