契約書作成・リーガルチェックについて

1 契約書について以下のようにお考えであれば注意が必要です。

  • 面倒だから、口約束で済ませてしまおう。
  • 契約書や法律のことはわからないから、相手任せにしてしまおう
  • 弁護士に依頼すると高い報酬を取られるんじゃないか? 
  • 売っている書式を使い、それをアレンジして使おう

上記のようにお思いであれば以下の項目についてもご覧になってください。

 

《契約書がなぜ必要なのか》

企業にとって、契約書を作成しておくことは重要な戦略の1つといえます。当然のことながら企業活動においては日常的に様々な「契約」が数多く締結されています。契約とは相手方と合意した内容に拘束されることですから、書面に作成しなくても口約束でも有効です。

契約当事者が信頼関係で結ばれていればトラブルになることもないかもしれませんが、いざ問題が生じた時に書面にしたものがないと合意内容が明確にわからず、解決の糸口がつかめない状況に陥ってしまいます。そうなると言った言わないのという水掛論になってしまいます。そのため、重要な契約については必ず契約書を作成しておく必要不可欠となります。

 

《市販の契約書やネットの契約書で大丈夫なのか》

現在では契約書のひな形がインターネットを使えば無料で簡単に手に入ります。しかし、あくまでも雛形ですから、個別の状況には対応しておらず、多くの場合、市販の契約書では問題が起こった場合に対処しきれないケースが多くなります。

契約書を形式的なもので済まさず契約書の重要性を認識しておく必要があります。

 

《契約書の重要性》

相手方と契約関係を結ぶに当たり、相手方の用意した契約書で契約を結ぶことほど危険なことはありません。これは相手の土俵の上で相撲を取るようなものです。事前に考えられうるリスクを回避したり、双方にとってメリットとなるように各条項を吟味検討した上で作成することが重要となります。

そして契約書を作成しておけばお互いの合意内容が明確となりますので、後で言った言わないという問題が生じることがありません。

このように契約書によって相手方がその約束を守らなければならないことについて相手の反論を許さない役割を果たしますし、裁判で争う場合であれば、契約書がそのような約束があったことの証拠の役割も果たします。

 

2 契約書作成のポイント

契約書を作成する目的は、「契約内容を明確にし、事後的な紛争を防止すること」にあります。そのため、当然のことながら、契約書を作成する際には、事後的な紛争を回避することを意識する必要があります。以下の点に注意して契約書を作成していくことが重要です。

 

(1)リスクの洗い出し、それに対するヘッジ手段の検討

想定される問題をすべて洗い出し、それに対する対策を検討します。問題が起こってからでは解決に至るまでの時間・費用が無駄にかかってしまいます。事前のリスクヘッジが重要です。

 

(2)双方が納得する形を考える

一方的に有利な書面であれば双方が納得するまでに契約締結自体に時間がかかってしまいます。双方にとってメリットとなるように作成することが重要です。

 

(3)立証責任を意識

万一問題が起こってしまった場合は、根拠となる契約書があればスムーズに問題を解決することができます。継続的な契約関係であればなおさら契約内容はあいまいにせず、より具体的かつ明確に記載することが重要です。

 

(4)当事者間の権利・義務はすべて列挙

契約当事者間の権利・義務についてはすべて列挙することにより契約内容がより明確になり問題の発生を未然に防ぐことにつながります。

契約書作成においては事前に想定されうる対策をすべて打ち立てておく必要があります。専門の弁護士が作成、チェックすることにより、トラブルを未然に防ぐことができます。

 

中小企業法務 関連メニュー

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー